アクアクララで“備蓄水”

「アクアクララがあって本当によかった」アクアクララで“備蓄水”始めてみませんか?

万が一の“その時”に備えてウォーターサーバーで備蓄水対策

未曾有の大災害となった今回の東日本大震災。復興に向けた取り組みが徐々にスタートしていますが、いまだ不便な暮らしをされている方が多いことは、ご存知のとおりです。
被災地の方が地震発生直後から現在まで一環して困っておられる問題の一つに飲み水の問題があります。地震発生直後は水道が断水し、多くの方が飲み水の確保にお困りでした。
アクアクララでも、早い段階で被災地に飲料水としてのウォーターボトルの提供を行わせていただきましたことより、いかに災害時における「水」が重要であるかを再認識しました。
また、各種調査結果を見ると、被災地以外の方も、震災後の生活で不足しているものや不安を感じているものとして「水」を挙げられている方が多くいらっしゃるようです。
こうした状況のなか、万が一の時にお水のことで不安を覚えないためにも、アクアクララとしておすすめしたいのがウォーターサーバーを利用した備蓄水対策です。


*備蓄する際、ウォーターボトルは未開封のままで保管して下さい。

約9割の方が「ウォーターサーバーが家にあって良かった」「災害対策のアイテムとして期待」と回答


グラフ1


グラフ2

2011年8月にインターワイヤード株式会社とアクアクララが共同で行った「家庭用ウォーターサーバーに関する調査 」によると、今回の震災の影響で多くの方がお水の確保にお困りだったようです。また、この震災を機にウォーターサーバーを導入されている方が増えているという傾向がうかがえました。

「災害対策アイテム」としてのウォーターサーバーについて質問したところ、ウォーターサーバーは災害対策アイテムとして期待できると答えた方の合計が90%を超えており、この点でのウォーターサーバーへの期待が非常に高まっていることが分かります。(※グラフ1)

また、現在、ウォーターサーバーを利用されている方に、震災を経てご自宅のウォーターサーバーについてどのように感じておられるか尋ねてみたところ、9割近くの方が「ウォーターサーバーが家にあって良かったと思う」とお答えになり、大変多くの方がウォーターサーバーのメリットを実感されているようです。(※グラフ2)

災害対策アイテムとして効果的なアクアクララのお水とウォーターサーバー

では、具体的にウォーターサーバーの何が災害対策アイテムとして効果的なのでしょうか?災害対策アイテムとして効果的なアクアクララのメリットをご紹介します。

アクアクララ3ボトルで4人家族3日分

一般的には、人間が生命を維持するために必要な飲料水の量は1人1日約3リットルと言われています。また、応急給水が始まるまでの目安日数が約3日間ですので、1人1日3リットル×3日分=9リットル。これに家族の人数分をかけた飲料水が、各家庭での備蓄水の量とされています。
例えば、4人家族×3日分なら36リットルです。アクアクララのウォーターボトルレギュラー(12リットル)ならちょうど3本置いておくだけで、備蓄水の代わりになります。

使いながら備蓄ができる

水にも賞味期限があることをご存知ですか?ついつい確認を忘れてしまいがちなペットボトルの賞味期限。普段お使いのアクアクララのお水なら、「いざ飲もうとしたら賞味期限が切れていた」なんて心配もありません。 普段通りに使いながら、いつでも新鮮なお水を備蓄水として使えます。

停電時でも大丈夫

アクアクララのウォーターサーバーは停電時でもお水を出すことができます。もちろん、電気が通っていないので、冷たいお水やお湯は使えませんが、ウォーターサーバーにボトルがセットされている限り、お水を飲むことができます。
一般的に災害時でも電気は比較的早く復旧すると言われています。なので、電気が復旧がすればすぐに冷たいお水や熱いお湯が使えます。
(停電時に給水可能なサーバーは、アクアクレール、アクアスリム、アクアペルト、ディズニーキャラクターサーバーです)

RO膜で処理したお水だからキレイ

また、アクアクララのお水は、RO膜(逆浸透膜)でろか処理を行い、飲みやすくミネラルを加えて製造されています。
RO膜は、放射性ヨウ素(I-131)を除去する唯一の方法とされており、水道水汚染などの万が一の時の際にもアクアクララのお水ならキレイなお水を飲むことができます。

今すぐWebでお申込み

今すぐおトクに始めるなら

新規申込み

まずは試したいなら

無料お試し

営業日カレンダー

※赤字が定休日です。